イメージ画像

バイト薬剤師のドラッグストアでの仕事

最近増えているドラッグストア、薬以外にも色々な商品が購入出来て便利です。 この状況に合わせて、薬剤師のドラッグストアでの仕事も増えています。

求人としても比較的多め。新規店舗の立ち上げなどの仕事もあります。仕事の特徴としてはアルバイト薬剤師でありながら、サービス業としての側面もある、というイメージです。

調剤薬局が併設されているドラッグストアとない店舗がありますが、今後は増えていくと予想されています。 その方がより本来の薬を扱うドラッグストアとして、しっかりサポートしているという印象があるからです。 調剤薬局併設店舗が増えれば薬剤師求人の数も更に増え、高待遇で迎え入れら得るケースも予想されます。

仕事内容としては忙しい部類に入ります。 薬剤師としての仕事の他にも、店舗内の医薬品の在庫管理、POPなどの作成、店舗のスタッフのようにお客さんと接するケースもあります。

また、ドラッグストアは各地域にあるので他の店舗への異動や転勤もある可能性があります。 朝から夜まで営業しているので、勤務時間も長くなりやすいです。 新規の店舗の立ち上げもかなり忙しくなります。

大変ですが、その分自分に身に付くスキルや経験は多くなるので、あなたが何を重視したいかにもよります。 ドラッグストアは大変ですが、その分挑戦し甲斐のある仕事とも言えます。 収入に関しても、通常の調剤薬局よりも高めになっています。

また、全国にある大手ドラッグストアと地方の地域のチェーンのストアではまた特色も違います。 地方だと転勤も少なくなるので、比較的働きやすいと言えるでしょう。 現在のドラッグストアでは薬剤師が足りていないため、大変になりやすく、その面を収入でカバーしているという印象です。

薬剤師の専門的な業務だけでなく、一般職のような性格も併せ持つため、バランス良く経験を積む事ができます。 自分のスキルを磨いて将来独立を考えるなど、さらに次のステップの事も視野に入れながら、仕事をすると良いでしょう。

臨床薬剤師の仕事とは?

臨床薬剤師という仕事はどんなものなのでしょうか。 これはアメリカで誕生した働き方のことで、医療の現場で直接的な治療を行うというのが特徴です。 日本ではまだ有名ではありませんが、今後臨床薬剤師として活躍する方は増えていくでしょう。

薬剤師の主な仕事内容といえば、医師の処方した処方せんの内容に基づいて調剤をしたり、どのような医薬品が良いのか提案するということですよね。

しかし臨床薬剤師の場合は患者さんの症状や悩みに直接的に関わっていく仕事ともいえます。

勤務先は薬局ではなく、病院やクリニックといった医療機関です。 こういった職場で患者さんの治療をサポートしていきたいと思っている方は臨床薬剤師を検討してみましょう。

一般的な薬剤師と大きく違うのは、医師の委任を受けて処方せんを作成することがあるということです。 処方せんといえば医師が作成するものというイメージが強いですが、臨床薬剤師になれれば処方せんを直接作成することも可能になります。

日本ではまだ珍しい臨床薬剤師ではありますが、アメリカでは欠かせない存在です。

医師から頼られることも多く、投与設計や高価な予測なども行う形となるため、よりやりがいを感じられるでしょう。

効果の予測では一人一人に最適な薬剤の量や種類を正確に判断し、服用した場合にどのような効果が期待できるのかについて予測をする能力が必要です。 医薬品を取り扱うということもあり、学ばなければならないことはたくさんありますが、たくさんの人から頼られる仕事でもあるため、魅力的だといえるでしょう。

臨床薬剤師に求められる能力として、高いコミュニケーションケーション能力が挙げられます。 薬剤師が働く職場の中には、ほとんど直接的に人と接しない職場もありますが、臨床薬剤師の場合はチーム医療に欠かせない1人としてたくさんの人と接することになるのです。

患者さんだけでなく、そのご家族の方と話をすることも多いため、コミュニケーション能力を磨いていきましょう。

このページの先頭へ