バイト薬剤師としてドラッグストアで働く場合の仕事内容は?

薬剤師バイト > バイト薬剤師のドラッグストアでの仕事

バイト薬剤師のドラッグストアでの仕事

最近増えているドラッグストア、薬以外にも色々な商品が購入出来て便利です。 この状況に合わせて、薬剤師のドラッグストアでの仕事も増えています。

求人としても比較的多め。新規店舗の立ち上げなどの仕事もあります。仕事の特徴としてはアルバイト薬剤師でありながら、サービス業としての側面もある、というイメージです。

調剤薬局が併設されているドラッグストアとない店舗がありますが、今後は増えていくと予想されています。 その方がより本来の薬を扱うドラッグストアとして、しっかりサポートしているという印象があるからです。 調剤薬局併設店舗が増えれば薬剤師求人の数も更に増え、高待遇で迎え入れら得るケースも予想されます。

仕事内容としては忙しい部類に入ります。 薬剤師としての仕事の他にも、店舗内の医薬品の在庫管理、POPなどの作成、店舗のスタッフのようにお客さんと接するケースもあります。

また、ドラッグストアは各地域にあるので他の店舗への異動や転勤もある可能性があります。 朝から夜まで営業しているので、勤務時間も長くなりやすいです。 新規の店舗の立ち上げもかなり忙しくなります。

大変ですが、その分自分に身に付くスキルや経験は多くなるので、あなたが何を重視したいかにもよります。 ドラッグストアは大変ですが、その分挑戦し甲斐のある仕事とも言えます。 収入に関しても、通常の調剤薬局よりも高めになっています。

また、全国にある大手ドラッグストアと地方の地域のチェーンのストアではまた特色も違います。 地方だと転勤も少なくなるので、比較的働きやすいと言えるでしょう。 現在のドラッグストアでは薬剤師が足りていないため、大変になりやすく、その面を収入でカバーしているという印象です。

薬剤師の専門的な業務だけでなく、一般職のような性格も併せ持つため、バランス良く経験を積む事ができます。 自分のスキルを磨いて将来独立を考えるなど、さらに次のステップの事も視野に入れながら、仕事をすると良いでしょう。