イメージ画像

薬剤師の調剤薬局での仕事の特徴

薬剤師の多くの方が就く仕事が調剤薬局の仕事。その特徴についてです。調剤薬局の仕事は基本的には安定、という所がポイントです。
http://www.norfolkthunderbirds.org/kiji8/

新しい事業を行っていくという事はあまりないので、短期間で大きく伸びるという事も少ないです。 転勤や海外勤務の打診などもあまりないので、その職場で長く働く事ができます。

収入は大卒の初任給から一般的な職種と比べれば高めです。 薬剤師手当が付くためです。 周りからも羨ましいと言われるかもしれません。 ただ、先ほどの通り、ここから大きな伸びというのは少ないため、どちらかというと結婚を考えている女性向きとも言えるかもしれません。

男性だと仕事人生は長く、年収が変わらないというのはやりがいの面にも影響が出てくる方もいます。 年収で言うと平均して500~600万円ほどで、年齢を重ねたり、規模の大きい職場になると800万円程度の所もあります。 十分と言えば十分ではあります。

スキルに関しては、最初の薬剤師としての知識や経験を磨いていくには最適な職場でもあります。 そこからどんどんチャレンジしていきたいという方は、剤薬局だと少し物足りないと感じる方もいるかもしれません。 ステップアップとして転職を考える方もいます。

また、調剤薬局の仕事は現状はまだ安定していますが、今後は状況が変わってくるかもしれないという事が言われています。 基本的には薬の処方の業務をするため、将来的にはプラスでスキルがないと収入が下がってくるかもしれません。

今後を見据えて、キャリアアップのために管理薬剤師などを視野に入れてみるのも良いですし、転職を考えるのも一つの方法です。 また、転職で調剤薬局の仕事に移る場合、今の所はこちらも求人は多い状況です。 経験が少ない方でも比較的転職はしやすいですが、薬剤師が増えてくると今後は少し厳しくなるかもしれません。

調剤薬局の仕事も薬剤師の中でも資格を生かした安定した仕事というイメージですが、高齢化が進む中で医療業界の状況も大きく変わっていく事が予想されています。 調剤薬局も段々と変化していく可能性もあります。

このページの先頭へ