イメージ画像

アメリカと日本の薬剤師の大きな違い

海外の薬剤師は日本の薬剤師よりもレベルが高いと言われています。 その中でもアメリカの薬剤師についてお伝えします。

アメリカでは薬剤師の社会的地位が日本よりも高く、実は医師や弁護士と同等、もしくはそれ以上の地位があります。 日本では逆のイメージですが、アメリカでは、保険料が非常に高く、所得が低い方は保険に入っていません。

そのため、病院に行くと治療費が高いため支払えず、まずは薬局で相談し、薬を処方して貰うのが一般的です。 そのためアメリカでは、患者さんがまず最初に行くのは医師ではなく薬剤師の所なのです。

日本ではどのような薬を渡すかという薬の処方は医師が行いますが、アメリカでは薬剤師が行います。 日本の医師レベルの事をアメリカの薬剤師は行ってしまうという事になります。

そのため、アメリカの薬剤師は勉強も非常に沢山しています。 日本の薬学部も大変と言われていますが、アメリカでは更に上のレベルとなっています。

アメリカの薬局は、ドラッグストアで調剤薬局が併設された店舗がほとんどです。 薬剤師はそのドラッグストアの責任者としての立場としての地位があり、店舗の管理や患者さんやお客さんの対応をしています。 立場的にも日本の薬剤師よりも上の役職に就く事が多いため、収入や待遇も高くなっています。

仕事に対する姿勢も異なります。 日本では基本的に医師から指示があった薬を薬剤師が調合するという形ですが、アメリカでは薬剤師が医師に自分の考えや意見を伝えます。

薬のエキスパートとして、医師も薬剤師の意見を頼りにしています。 そのため、医療チームに薬剤師を加えて、チームで医療活動を行うなど、活動の幅も広くなっています。

日本の薬剤師がアメリカで活動する事は、その国の薬剤師の資格を取る必要があるため、非常に大変ですが、海外のように日本の薬剤師業界もシフトしていく可能性がないとも言えませんし、日々レベルの高い世界をイメージして仕事に取り組むことは今後のあなたのキャリアにもプラスになるでしょう。

このページの先頭へ