イメージ画像

薬剤師の今後の過剰時代について

高齢化が進む中で医療業界は今後大きく変わっていくと見られており、それに伴って薬剤師の将来も大きく影響が出てくると考えられています。 厚生労働省によると、今後薬剤師の需要は大きく伸びるとは考えにくく、薬剤師が過剰になる時代が来ると言われています。

これには、大学の薬学部が多く新設されたという事が理由にあります。 ドラッグストアがこれから増えてきたり、医療と薬学の分業によって薬剤師の需要が今後高まっていくという予想がされて、多くの大学に薬学部が新設されました。 ですが現状、需要は思うように伸びておらず、薬剤師が余る可能性があるとされています。

また、ドラッグストアは確かに増えているのですが、登録販売者制度という新しい制度が始まりました。 これは、薬剤師を置かなくても、試験に合格した人であれば、指定の医薬品以外の薬であれば販売できるという制度です。 これにより伸びると思われていたドラッグストアからの薬剤師需要が伸び悩んでいます。

これらの事から、薬剤師が過剰になる時代が来ると言われていますが、まだ先の事は不透明な部分もあります。 高齢化に伴い、新しい医療の形態なども出てくるでしょうし、それに合わせた薬剤師の仕事が新しい需要として生まれる可能性があります。

在宅医療では、薬剤師が自宅まで出向いて薬を渡したり健康についてのアドバイスをしたりするというケースも出てきています。 また、薬のネット販売で薬局での薬剤師の需要が減るとは考えられていますが、パソコンや電話を通してのサービスで活動の場がある可能性もあります。

変化はチャンスともよく言われますが、失われていくものもある一方、新しいチャンスの機会とも捉えられます。 もちろん今後新しいチャレンジは必要になるかもしれませんが、今後も薬剤師の活動は無くならないでしょう。

新しい時代の到来に向けて、常日頃から薬剤師としてのスキルをしっかり磨いておく事が、今後仕事をしていく中で必要な事と言えるでしょう。

このページの先頭へ